本文へ移動

寺社物閣の防犯対策

無住寺の仏像が狙われています!

長い歴史を持つ寺社・仏閣は、所蔵されている仏像や神像、絵画や工芸品、典籍などはもちろん、建築物そのものまで、日本がこれまで歩んできた歴史と文化を正しく理解するために欠かせない国民の財産です。
そんな貴重な文化財──特に仏像を狙った窃盗事件が、2003年ごろから全国で多発しています。中でも被害が多いのは、意外にも、住職が常駐していない無住寺です。
私たちは「有名な寺の重要指定文化財が狙われる」と思いがちですが、泥棒の考えは違います。誰もが知っているような有名な文化財は「これは盗品だ」と足がつきやすいため、「侵入し易い寺の、あまり知られていない仏像」が狙われ易いのです。
たとえ指定外の仏像であっても、信者の人々にとっては大切な心のよりどころです。「泥棒に狙われている」という危機感を持ち、しっかりと対策をしましょう。

【セキュリティハウス】【防犯】某寺 ご住職 防犯を語る

【セキュリティハウス】【防犯】ご住職 「超防犯」とi-NEXTを語る

泥棒に「狙わせない」ための抑止──外周警備

もしも十分な防犯対策をしていなかった場合、神社仏閣ほど泥棒にとって「盗みやすい環境」はありません。
寺社・仏閣は参拝客を装えば日中堂々と下見が可能であり、木々が多く照明が少ないため隠れるところがたくさんあります。また美術館や博物館と比べるとセキュリティが非常に甘く、無住寺であれば盗まれたことになかなか気付けません。
逆に、しっかりとした防犯対策をとってさえいれば、下見の段階で泥棒は諦めます。セキュリティハウスが目指しているのは、まさにそうした『予防』のための防犯です。
まずは泥棒の侵入経路を特定し、境内の各所や、本堂、文化財収蔵庫等の外周に赤外線センサーや人感ライト、防犯カメラや音声報知器等を設置。複数の防犯機器が効果的に取り付けられていることを見せつけます。また扉の鍵は、簡単に破壊されない頑丈な錠前を2個以上つけておくことをお勧めします。

それでも泥棒が侵入を試みたときは直ちにセンサーが検知し、フラッシュライトや大音量のベル・サイレンで相手を威嚇。同時に事務所等のコントローラーに知らせます。
寺 神社 防犯対策
ここに注目 !!

泥棒が「ここは侵入しにくい」と感じるのは、目・音・光・時間の4つの要素が揃った防犯システムが装備されているときです。「防犯カメラで姿を見られる・記録される」「警報ベルが鳴って周囲の人間に聞かれる」「ライトで姿を照らされる」「鍵を開けるために5分以上かかる」、このような場所での犯行は泥棒にとって非常にリスクが高いため、避けようとします。これを侵入防止4原則といいます。
セキュリティハウスの防犯システムが「侵入させない」最大の効果を発揮しているのは、この4原則に対応して構築されているからです。

0
9
3
1
5
7
TOPへ戻る