本文へ移動

商店街の防犯対策

日中と夜間に起きる犯罪をそれぞれ把握し、適切な対策を

不特定多数の買い物客と、いくつもの店舗が集まる商店街は、万引きや置き引き、ひったくりなどの盗難事件が起こりやすい場所です。また家族連れが多いことから、幼児の連れ去りや誘拐等も発生しています。
夜間は逆に人通りがほとんどなくなるため、店舗のシャッターや壁にイタズラ書きをする器物破損、ショーウィンドウを割る・シャッターをこじ開ける等の方法で無人の店内に侵入し商品を盗む侵入窃盗のほか、放火、通り魔、強盗などの凶悪犯罪に巻き込まれる危険性もあります。
さらにアーケードがある商店街では、日中にアーケードの上にのぼって各店舗の2階部分に侵入する窃盗犯が多発しており、対策が求められています。
そこで、セキュリティハウスがお勧めするのは次の3点です。

  • 防犯カメラの設置
  • アーケード入口への侵入警戒システム
  • 緊急通報システム
  • 「見える防犯」による犯罪発生の抑止

防犯カメラを設置する

防犯対策

防犯カメラを設置する場所は、主に商店街出入口・商店街通路・アーケードの屋根・路地裏などです。どの位置に取り付けるか、何台用意するかは、以下の3点をしっかりと考慮して選ぶ必要があります。

  • 商店街内の死角をなくし、全体が見通せるようにする。
  • セキュリティの高さを見せつけ、犯罪者に狙われないようにする。
  • 昼も夜も安定して撮影できるよう、デイナイト機能を内蔵したカメラを選ぶ。
  • 広角域のレンズは被写体が小さくなってしまうため、なるべく避ける。
  • 記録漏れが起こらないよう、1秒間に2コマ記録できるよう設定しておく。さらに「遠隔監視システムi-NEXT」を導入すれば、離れた場所からでも防犯カメラの映像を確認し、現地の状況を細かに確認することができます。 防犯カメラの映像データはデジタルレコーダー等に保存しておき、管理事務所に設置しておくことが望ましいでしょう。録画した映像の取り扱いに関しては、商店街組合内で責任を持ってマニュアルを作成しておきます。※お客様の姿も映っているため、プライバシーの保護に最大限の配慮が求められます。
  • 記録漏れが発生しないよう、複数台設置する。
  • 犯罪が発生したときに犯人の姿を捉え、証拠として残す。

また、防犯カメラはさまざまな種類があります。次の点に注意しましょう。

「見せる防犯」で、犯罪の発生そのものを抑止

防犯カメラや赤外線センサー、警報ベルや非常用押しボタン等の防犯機器は、万が一のときに作動して、犯罪の継続を防いだり被害の拡大を阻止するためのものです。同時に「複数の防犯機器を設置している」ということ自体が、犯罪者にプレッシャーを与えています。
しっかりとした防犯対策が敷かれている場所をターゲットに選ぶ犯罪者は、まずいません。犯罪の抑止効果をより高めるためにも、目立つ場所に防犯ステッカーやセキュリティキーパーを取り付けて「ここは高いセキュリティシステムで守られている」ことを大きくアピールしましょう。お客様も、それを見れば安心して買い物を楽しむことができます。
ここに注目 !!

商店街は広く、防犯カメラやセンサーの設置は複数台必要になります。セキュリティハウスはまず始めに「防犯診断」を行い、防犯上の弱点を検出。その弱点をカバーするために最適な防犯機器を選び、最も効果的な場所に設置し、最大の効果が得られるようにシステムを構築します。また地元密着型の強みとして、自治体の助成制度に関する相談にも乗ることができます。

0
9
3
1
5
9
TOPへ戻る